タバコから電子タバコに変えて低体温が治った!?

タバコから電子タバコに変える目的は、ニコチンなどの体に悪い有害物質を体内に入れないようにするためという方がほとんど。

みなさんがご存知のとおり、タバコには発がん性を高めてしまいます。実のところ、タバコにはまだまだ体に悪い影響を及ぼしていることがあります。その一つが、喫煙による「冷え」です。

086155

タバコを吸うと体内の血管が縮み、血流が悪化してしまうことがわかっています。血流が悪化することで、体温が低下してしまいます。

冷えは毎日の体調不良や気分の低下など病気にならないでも日常生活においてつらいものですよね。

体温が下がると

・冷え性

・自律神経の乱れ

・免疫力の低下

などを引き起こしてしまいます

副流煙を受けた人にも、健康被害を及ぼしてしまうタバコ。愛する家族のために、禁煙しましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. リキットの安全性 海外製リキッドの場合、ニコチンなしリキッドとうたっていても、同じ生産ラインでニコ…
  2. 妊娠中の電子タバコは、ニコチン以外のホルムアルデヒド等の有害物質はもちろんのこと、リキッドの漏れなど…
  3. 日本で、ニコチン入りの電子タバコが販売されていた!? タバコの有害物質として、ニコチンが挙げられま…
ページ上部へ戻る