電子タバコで、お腹の赤ちゃんに影響がある?

妊娠中の電子タバコの影響は?

「妊娠中の電子タバコで、お腹の赤ちゃんに影響があったら大変」

とお悩みの方も多いかと思います。今のところ、実際に胎児に影響があったという実例は上がっていません。しかしながら、電子タバコの安全性は100%安全ですということも言えません。それはリキッドの安全性にはばらつきがあり、食品と同じように生産国によって安全性が異なるから100%安全とは言えないのです。

一方、アイコスのような電子タバコにはニコチンが含まれているため、絶対に吸ってはいけません。しかもアイコスにはニコチンの含有量の表記義務がなく、とても安心とは程遠い製品です。

禁煙したいと思っていても、ニコチン入りのアイコスは選ばないように気をつけてくださいね。

 

ニコチンの有害性

では実際に妊娠中の喫煙で、どのような有害性があるのでしょうか。

代表的なものが、

・発がん

・早産や流産

・未熟児や低体重

・喘息や気管支炎

・アトピー

などが挙げられます。

タバコ自体、健康被害があると確実にわかっているので妊娠中で小さな胎児への影響は計り知れないものがあります。愛情を持っているのであれば強制的にも禁煙をおすすめします。

もし、電子タバコでもやめられないという場合には、禁煙受診を受けることも考えてはいかがでしょうか。また、チャンピックス(禁煙の医薬品)をネットで購入する人も増えています。

チャンピックスは、飲む禁煙補助医薬品で、ニコチン禁断症状を抑え、万が一喫煙した場合に吸っても満足感を得られないような作用があり、どんな禁煙グッズをしても禁煙出来なかった方でもチャンピックスで禁煙成功する人が多くいらっしゃいます。こちらはニコチンなしの医薬品です。

 

チャンピックス最安値はこちらです↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. リキットの安全性 海外製リキッドの場合、ニコチンなしリキッドとうたっていても、同じ生産ラインでニコ…
  2. 妊娠中の電子タバコは、ニコチン以外のホルムアルデヒド等の有害物質はもちろんのこと、リキッドの漏れなど…
  3. 日本で、ニコチン入りの電子タバコが販売されていた!? タバコの有害物質として、ニコチンが挙げられま…
ページ上部へ戻る