当サイトの考え

妊娠中の喫煙をゼロに

妊娠中の喫煙をゼロに妊娠が分かるのは突然です。それまでずっと喫煙していた場合、タバコの依存症によりなかなかやめることが出来ません。しかし、妊娠初期が一番胎児に影響を与える危険な時期でもあります。

そのような悩みを持ったママたちに、少しでもストレスなく禁煙が出来るように当サイトを立ち上げました。

当サイトでは、妊娠中の喫煙をなくし、お腹の中の子への健康被害をなくすよう妊娠中の喫煙に対して注意喚起をしています。

妊娠中にニコチンを摂取してしまうと大人はニコチンのリスク許容範囲量であっても、赤ちゃんにとっては、致死量になる可能性も充分にあるのです。障害を持つ可能性も高くなります。

また妊娠中にかぎらず、出産後もお母さんのタバコを、赤ちゃんが誤飲してしまう悲しい事故が全国で多発しています。

当サイトでは、禁煙の助けとしてニコチンを含まない安全な電子タバコの利用をオススメしています。もちろん、何も吸わないことが一番の健康であることは間違いありません。しかしながら、タバコには中毒性があり実際にタバコを辞めようとしても中々辞めれないのが実情です。最近では、アイコスやプルームテックといったニコチン入りの電子タバコも出ていますがこちらも健康被害がありますのでオススメしておりません。

 

電子タバコを吸いはじめた方からは、タバコが美味しく感じなくなった タバコを辞めることができた! という喜びの声を聞きます。

・妊娠がわかったあとでもついタバコをこっそり吸ってしまう方

・赤ちゃんの健やかな成長を真剣に考えたい

という方は、今一度考え直して、電子タバコで禁煙しませんか?

 

お母さんとお子さんの健康を願って。

 

ピックアップ記事

  1. リキットの安全性 海外製リキッドの場合、ニコチンなしリキッドとうたっていても、同じ生産ラインでニコ…
  2. 妊娠中の電子タバコは、ニコチン以外のホルムアルデヒド等の有害物質はもちろんのこと、リキッドの漏れなど…
  3. 日本で、ニコチン入りの電子タバコが販売されていた!? タバコの有害物質として、ニコチンが挙げられま…
ページ上部へ戻る